7623.jpg2回目登場のKADOYA氏は今回はソロでの弾き語り。熱いメッセージを込めた唄いっぷり。前回よりも表現力が豊かです。良質のフォークソングはいつまでも輝きを失わないのだ。
CHAO嬢、今回はギター弾き語りのあとにアカペラで2曲。楽器にとらわれない時の彼女の唄は特に秀逸。すばらしいものがありました。ピアノの2曲も最後までテンションを保ちGOODでした。
大阪の谷輪氏、今回は特に美しいギターの音色が好評でした。まっすぐな唄い方に情感がこもります。ギタープレイと唄のバランスも絶妙です。ワザを感じました。