06827.jpg三者三様のレベルの高いライブでした。
トップは丹治氏、鼻の手術をしてからはじめてのライブ。もう完全に復活です。堂々とした立ち振る舞いは年齢以上に大きな存在感を示していました。ギターもよく鳴っていました。それに乗るボーカルも安定感があります。アコースティックの長所がいたるところに見受けられました。
CHAO&浩一氏、浩一氏の綿密に考えられたギターにCHAOの魅力あるボーカルがのっかる。GFMのときの浩一氏はそこまで考えてないのに~ということで僕は少し嫉妬してしまいました。CHAOのボーカルも情感があふれ聴く人を魅了していました。
最後のまぁまは2回目のスローハンド。センスがあり決して弾きすぎないピアノが、やさしいヴェールにつつまれたような魅力あるボーカルの良さを引き出してます。オカリナ、ピアニカも本当に必要なところで使っていてGOOD!ステージングも上手い!このユニットで何度もライブをしていることが充分にわかります。本当にいいバンドでした。
写真を撮るのを忘れたのでアフターライブの写真のUPです。