06422.jpg初登場、アルカリムッシュの太田氏。甘い、しかしよく通る声で唄うメロディーはかなりキャッチーです。何より素晴らしいのははっきりと歌詞がわかることです。オールマイティーな世代にファンが広がりそうな雰囲気を持っています。
さとこ嬢は見るたびに進化しています。ボーカルの安定感が増していました。今回はピアノの音色をメインに使用していましたがシンセ特有の単調な音色をカバーするほどの唄の魅力を見せつけられました。
最初は心なしか緊張気味?のおなじみ栗本氏は僕にとっては名曲のオンパレード。最近「十人十色」が僕はお気に入り。一度カヴァーしてみようかな?