semi.jpg久しぶりのせみくじら嬢。今回は自前のキーボードでの弾き語りからのはじまり。手馴れた楽器のせいか余裕があります。声もよく通ってます。アンダーグラウンドのジャンルに入るのかもしれませんが、独特のポップさもあり見ていて本当に楽しいです。「ノート屋さん」と「セブンスター」と「みどりの女」はもうおぼえました。
なおこ&ファンシー嬢のデュオは意外にもはじめてとのこと。それでも果敢に難曲に挑戦していました。多分まだ生まれたばかりの二人の世界でしょう。それでも経験と実力に裏打ちされた説得力がありました、今後も楽しみです!