how2.jpgGFMの2ndCDの発売に先がけて、本誌記者がバンマスの佐野氏へのインタビューに成功しました。以下はそのインタビューの内容です。
記者「5年ぶりのアルバムですね。しかもレコーディングに1年もかけたそうですね。」
佐野「今回の楽曲は1曲をのぞいてすべて前のCDよりあとにつくったものなんだ。レコーディングが長くかかったのは、前回のアルバムでは期限が決まっていてどうしても妥協せざる得なかったという反省を踏まえた結果なんだ。」
記者「かなりの自信作なんですね。そのアルバムのコンセプトについてお聞かせください。」
佐野「人生も半分過ぎて、あとどれくらいこんなことやってられるかとか、今まで生きてきた時間、これから残っている時間を意識したアルバムということかな。いい歳をした大人の歌をつくってみたかったんだ。 本当はCDの帯には「ガキにわかってたまるか!!」という文句をいれたかったんだが、ヒンシュクを買いそうなのでやめたんだ。それと前回は大勢の人に助けてもらったんだが、今回は出来る限り5人でレコーディングしてみようと思ったんだ。」
記者「コーラスに前回も参加したCHAOさんが何曲か参加していますね。」
佐野「ああ、どうしても我々男性の音域には無理なコーラスラインがあったので彼女に手伝ってもらったんだ。いい仕事をしてくれたよ。」
記者「CDを聴かせてもらいましたが、今回はラブソングが少ないですね。木屋町のバラード王のアルバムとしては少々物足りない気もしますが・・・。」
佐野「ああ、ここ5年、浮いた話がひとつもなくてね(不機嫌そうに)。」
記者「あ、ありがとうございました。」

GFMの今回のCD、1曲だけ試聴できるようになりました。くわしくはここをクリック!