05-08-20_21-02%7E00.jpgこの日は各自、新しいことにトライする試みが印象的でした。
花街氏は飛び入り出身でブッキングとしてははじめてのライブです。いい声をしています。個人的にはかなりうらやましいです。ストローク中心のギターにさわやかな歌声が乗っていました。ギターのバリエーションと数をこなすと素晴らしいものになるでしょう。
木村氏は今回、新しいギター用エフェクターを導入。リハからかなり研究をしたのですが、まだまだ調整の余地がありました。ステージも違ったアプローチを試みるような内容でした。何とピアノの弾き語りもありました。必ずしもすべてが成功したわけではないですが、次につながるライブであることは間違いないように思います。
ヒロ清水氏、今回はエレキギターでの弾き語り。それ以外はいつもの彼の世界でしたが、曲によって音色を変えることにより彼の音楽により入り込みやすくなったように思います。今回がはじめての試みということでしたが、そのやり方でしばらく続けてほしいものです。