2007年10月

リトルグレープフルーツムーン、ライブだっ!

rag1111.jpg今回はあまりやってなかった曲もやる予定。できるかな~?
なぜか今のところ、京都では今年最後のライブです。ぜひによろしくお願いします!
日時:11月3日土曜日19時半
場所:スローハンド
出演:リトルグレープフルーツムーン(佐野邦夫+河原田充)
共演:ゆあさまさや/新實幸太朗
チャージ:¥1000

10月27日レトロぱんだ/白波瀬みきwithケンジ/フジタスミト

Image022.jpgぱんだ氏、相変わらずキャッチーなメロディーです。今回はオベーションであるにかかわらずマイクどりも併用。自然で深いギターの音にいつものスィートボイスがとても際立っていました。モテるだろうな~。
みき嬢は2回目、やっぱりピアノ上手いな~。R&B風の楽曲もサポートのベースと息があってます。そしてサビ部分の歌声、唄いまわしが魅力的でした。
スミト氏、今回はソロ。ホームグラウンドでのライブだけあって素晴らしい音づくり(僕も少しはホメてください)。余裕の中に迫力があります。ギター一本での密度の濃い素晴らしいステージでした。

10月21日長野友美/アオダチ/ヒロ清水

おなじみスローハンドカウンターレディー、友美嬢。唄はさることながらステージングも上手いな~。聴いている人を引き込むMCをします。曲との相乗効果、何よりも音楽に対する誠実さが伝わってきます。「九十九島」、今回しなかったのは、たまにはこういうのもいいかな?ということらしいです。最近、いい意味での余裕も出てきました。
アオダチ、今回はレコーディングを終えたばかりのライブ、あれこれ試行錯誤のあとが伝わってきます。曲が馴染みやすく聴きやすいのが何よりいいです。これがあればライブミュージシャンはかなり有利、上手く自分たちの長所をとらえたライブは飽きの来ない素敵なものでした。
ヒロ清水氏は復帰後2回目、やはり安定感抜群です。聴き手も圧倒される迫力があります。個人的には「みそ汁の歌」のように力を抜いた曲が好きですが、それも前後のパワーあるブルージーな曲があってのもの。今後の展開も期待できる素敵なライブでした。
写真わすれた~~~!!

10月20日北風と太陽/木村三郎

kita.jpg木村三郎マンンスリートラスト、12回目です。
北風と太陽はHOBOけいすけ氏と金沢栄東氏のユニット。
もうおなじみですが、見るたびにユニットとしてのアンサンブルが上手くまとまってきています。お互いの音を聴きながら上手くコントロールして自分の音を出します。ツインブルースハープでありながら明快なサウンド、しかも熱い!ライブミュージックとして大事なものがこのユニットには詰まっていました。
木村氏、毎月1回のライブながらやはりこの人はいろんなことを試しているな~。同じ曲でも1年前とは切り口が違います。多分この人はいつでも音楽、ライブ、パフォーマンスのことばかり考えているのでしょう。ちゃんと仕事してるのかな?今回は、北風と太陽が最後にゲスト出演、より激しくアウレッシブなラスト曲でした。木村氏が普通の人に見えるくらいゲストの二人もスゴかったです。

10月14日CHAO/ムックタカミツ/Kobayang

最近CHAOは素晴らしい。知ってのとおりボーカリストとしての表現力は秀逸なものを持っていますが、弾き語りにおいてもクォリティーを落とすことなく見事に再現してます。お見事でした。
久しぶりのムック氏はギターインスト。丁寧に曲を作り上げます。淡々としたMCですが音楽で勝負したいという誠実な人柄が垣間見れます

Kobayangはラッキーリップスのボーカリスト&ギター。弾き語りでもロックです。えぐるようなリズム、抜けのいいハイトーンボイスから引き出される楽曲はジャンルを越えて誰もが認める説得力があります。
写真撮るの失敗しました~。
すいま千円どす~。
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ