2007年06月

6月10日立入かつひろ/つれづれ/川口剛生

7610.jpg立入氏、この日はシリアスめの選曲?相変わらずフィンガーピッキングが光ってます。ペーソスあふれるそのうたごえは聴く人をグッと引き付けますね~。ゲスト、徳田恵美嬢の津軽三味線との共演も圧巻でした。
次回は「コンパおやじ」も聴きたいです。
つれづれ、今回は唄もの、アコギとベースの編成です。東氏の声、さわやかでよく徹ります。不思議な曲調がより活かされてます。二人のコーラスも良かったな~。
川口氏、この日はパワー炸裂!?レベルの高い音楽性、ワイルドでちょっと気弱なな人間性、すばらしい川口ワールドを作っていました。ライブパフォーマーとしてもかなりのものでした!

6月9日義田秀司/まぁま/リトルグレープフルーツムーン

7609.jpgおなじみ義田氏、本日もJ-200、よく鳴ってます。彼自身は今夜はほろ良いぎみ?全体に落ち着いたライブです。ハーモニカホルダーを忘れて来て、ブルースハープを吹かなかったけどそれも怪我の功名?でした。
「まぁま」この日は特にVoのあすか嬢が素晴らしかったです。よく声が出ています。力強いです。しかも最後までそのパワーは持続されていました。マシュケ氏のサポートピアノ、今回はとある事情から若干いつもと違う音色の音色でしたがまろやかな感じが新鮮でした。
グレープフルーツムーンは別項にUPします。

6月3日飛び入りライブSHOW

7603.jpg今回は10組、盛況でした!
司会はスローハンドのホープ、まどか嬢。脱力系のおしゃべりにスムーズのステージは進行していきます。
ニューフェイス、2回目組が約半分を占めていました。
口々にMCでみんなが「スローハンドの飛び入りはレベルが高いと聞いている~」とおっしゃっていましたが光栄なことです。でもレベルが高いというより、やり手と聴き手が本気でやれる環境づくりが今のところ出来ているということのほうが近いように思います。
今回もスローハンドでの初ブッキングを組んだ方もいらっしゃいます。どしどしご参加ください!
それにしてもやっぱり人が多いと面白いな~。面白いから人が来る。やっぱりお金と人間は多くあるところに集まっちゃうのかな~?通りすがりのイギリス人の女性もいました。もっともここ一ヶ月、外国人が多いです。スコットランド人の団体、イギリス人、昨日はドイツ人親子でした。
やっぱり英会話、勉強しようかな?
ということで来月も皆様、よろしくお願いします!

6月2日くすき しんいち/長野 友美/三島 邦生

7602.jpgくすき氏は2回目の登場。ライブ経験の豊富さが感じられます。いぶし銀というのでしょうか?スティーブン・ビショップの「ON AND ON」の日本語版は意表をついて思わず唸ってしまいました。
友美嬢、スローハンドではおなじみになりつつあります。(昨夜も飲みに来てくれました。)音楽にかける情熱が唄とギターの丁寧さに表れています。誰が聴いてもレベルの高い音楽ということで納得するでしょう。
三島氏は初登場。彼の唄を聴いていると旅に行きたくなります。シンプルなメロディーに情景の浮かぶ言葉が綴られて、僕も沖縄に行ってみたいっす。
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ