2007年06月

6月24日KOBUちゃんワールド:松木マナミ/海月光/さいとうともこ

7622.jpg今回も女性3組。KOBUちゃんやるな・・。
マナミ嬢は先月に続いて2回目の出演。ビロードのようなやさしい歌声、歌詞も失ってしまった青春の切ない思い出・・。おじさんは癒されました。ほんと良かったです。
ひかる嬢は3月に続き2回目。激しい情念を感じる唄いっぷり。ちょっとジャニスを思い出しました。前回にもましてまとまり感があり着実にキャリアをつんでいるのがわかりました。
ともこ嬢はアイリッシュの曲をピアノ弾き語り。繊細な歌声で気持ちがいい。途中からのスペシャルゲストはなんとニュースアンカーのテーマ曲でおなじみのフィドル奏者の功刀氏。すばらしい!師匠が入ってからのともこ嬢は見守られて安心したように朗々と唄っていました。

KADOYA/CHAO/谷輪雅泰

7623.jpg2回目登場のKADOYA氏は今回はソロでの弾き語り。熱いメッセージを込めた唄いっぷり。前回よりも表現力が豊かです。良質のフォークソングはいつまでも輝きを失わないのだ。
CHAO嬢、今回はギター弾き語りのあとにアカペラで2曲。楽器にとらわれない時の彼女の唄は特に秀逸。すばらしいものがありました。ピアノの2曲も最後までテンションを保ちGOODでした。
大阪の谷輪氏、今回は特に美しいギターの音色が好評でした。まっすぐな唄い方に情感がこもります。ギタープレイと唄のバランスも絶妙です。ワザを感じました。

6月22日鬼頭つぐる/あらいなおこ&井川由美子

7621.jpg鬼頭氏は東京(埼玉?)からのギター弾き語り。ハスキーボイス、ラグタイムを基調にしてのステージ。上手い!安定感もバツグン。お客さんを巻き込んでの楽しいステージはかなりのキャリアを感じさせます。
ハーモニカとアコーディオンのデュオ、なおこ嬢とゆみこ嬢は前回にも増しての息の合ったアンサンブル。リード楽器二つだけで迫力あるサウンドを作るその手腕はお見事というほかはありません。
最後は両者でのセッション。最後を飾るのにふさわしい雰囲気を醸し出していました。

6月16日ゆあさ まさや/木村三郎

070616_204749.jpg
マンスリートラスト、今回は滋賀のインストギタリスト、ゆあさ氏。
タッピング、ハンマリング、ライトハンド奏法など多彩なテクニックで織り成す音楽はオリジナリティあふれるものでした。MCもすれすれでよかったぞ~。
木村氏、今回も気迫こもるステージ。最後までパワーは落ちず、駆け抜けて行くような疾走感のあるステージでした。ワンマン公演に向けて調子いいぞ!

6月9日リトルグレープフルーツムーン at SLOWHAND

今回はアコーディオン、井川ファンシー由美子嬢とのデュオ。前回RAGの反省を踏まえて今回も1曲目は「はるかな想い」。何とか唄いきったかんじでした。
全体に唄いなれている曲とそうでない曲との落差がちょっと大きいかな。唄いながらちょっと違うな~と思うのはやはりダメでしょう。問題解消には練習あるのみ!?
1.はるかな想い
2.ふわり
3.ひとりの夜に
4.無題
5.望みのままに
6.夕暮れの丘
7.MY HOME TOWN
ご来場の皆様、ありがとうございました。
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ