2007年03月

3月17日木村三郎/歌was

0318.jpg木村三郎マンスリートラスト、今回は大阪からの3人組み、歌was。
ストローク中心のギターに男女のボーカルがからみあう。演劇的要素が色濃く出てます。不思議なのは3人それぞれベクトルが少しずつ違うのにかなりステージが楽しめます。自他ともに認める妖怪チックな芸風は、最初はとまどい、そして徐々に引き込まれていきます。ステージ照明も暗く本当にアングラチックでもありました。おかげで写真撮れずじまいです。
木村三郎氏、前回と違い余裕がありました。ラストまでパワーは落ちず、あと5曲くらいは出来る感じです。彼のライブ、いつも短く感じますが、実際にはかなりの時間やってます。それだけ見ていて飽きないことの証であります。

LGFM,久しぶりの磔磔です。

photo2.jpgkawa2006.jpg
久しぶりに老舗ライブハウス磔磔「たくたく」でライブです。
何年ぶりだろう?
今回は「KOBUちゃんワールド」のイベントです。
他出演者は2組、どちらも20代前半の女性。ちょっとギャップが激しすぎるかな。
楽屋では嫌われないようにいいおじさまでいようっと。
それよりも京都在住は僕達だけ。あとは近江八幡と福岡、えらいことです。お客さん呼べるかな~。
というところで皆様お待ちしております。
日時:3月26日(月)18時30分~
場所:たくたく(富小路仏光寺下る)
http://www.geisya.or.jp/~takutaku/
出演:リトルグレープフルーツムーン(佐野邦夫+河原田充)
共演:Sisters CooA/海月 光
前売:¥1600 当日:¥1800(ドリンク付き)
メールにてチケット取り置きもいたしますのでよろしくお願いいたします。

3月11日KADOYA/かるあ/栗本英明

06311.jpgKADOYAは飛び入り常連、橋本氏のギターデュオユニット。なんか懐かしさを感じる曲調です。僕が中学の頃聴いたことがある「NSP」とかその辺の匂いが(本人は聴いたことないと言ってましたが)。歌声も折り目正しい丁寧な唄い方でなつかしさを増幅させます。リードギターの相方もかなり息があってます。これからの出演も楽しみです。
かるあ嬢、声が安定してよく出てました。堂々としています。もう最近はウクレレのかるあですね。カヴァーの「悲しくてやりきれない」は絶妙です。これで何人も泣かせたこともうなずけます。
栗本氏、今回はギターがすごい!光る楽曲に光るギターアレンジ、誰もが聴いてしまいます。唄にも気迫を感じました。しかし彼の楽曲、本当にクォリティーが高いです。僕もカヴァーしてみようっと。

3月10日立入かつひろ/谷輪雅泰/フジタスミト

ベテランシンガー3人のそろい踏み。聴き応えがありました。
トップの立入氏、絶妙のフィンガーピッキングののせて唄う歌はウィットとペーソスに富んでいて素晴らしい。ジミヘンぽいリフにのせた「コンパおやじ」にははまってしまいました。
谷輪氏は素晴らしい声を持っています。前回、声の不調がありましたが今回はかなり調子がいい。曲調も今回は洗練された印象があります。自分の声を生かした曲づくり、偶然かもしれませんがすばらしいものがありました。
スミト氏、今回はソロで登場。一人でも熱さは変わりません。声は尻上がりにヒートアップ。お客さんを巻き込んでいきます。最後の「ひだまり」、僕も参加したかった。譜面さがしとこ~。

3月9日リトルグレープフルーツムーン

今回は中村浩一氏のギターとのデュオでした。彼特有の空間系のギターをフィーチャーするということでソリッド感のあるサウンドを目指しました。サウンド的には目的を果たせたかなと思います。今回はリハーサルの時間がなくぶっつけ本番でした。最初、少し2人のリズムが合わないところがあったのはその辺の影響でしょうか。後半へ行くにしたがって息があってきたように思います。それにしても中村氏、絶妙の独自のギターリフ、曲が新鮮に聞こえてすばらしいものがありました。
このユニットでは5月10日にLive Spot RAGでの出演が決まりました。皆様、お楽しみに~。
1.ふわり
2.モノクロームの日々
3.夕暮れの丘
4.夢のかけら
5.ムーンライトララバイ
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ