2006年11月

佐野氏またまたラジオ出演。(12月2日のライブも来てよ~)

1128.jpgコミュニティーFMの京都三条ラジオカフェ79.7hzのアマチュアミュージシャンストーリーに出演してきました。
今回はまったく打ち合わせなし。3人の面白いおっちゃんがやっている番組ですが息もピッタリ!さすが3年もやってるだけある!僕もそれにのせられて気の利いたおしゃべりを。
お店のことバンドのこといろいろ話しをしましたが、ON AIRが今週金曜日の18時からということで、土曜日のアコーディオン、井川ファンシー由美子嬢とのLGFMの直前宣伝も(場所はスローハンド、19:30ですよ~)。
ここ最近、アンダーグラウンドシーンでの人脈が広がってるな~と思う今日この頃です。
放送は月曜日の18時からも再放送があります。エリアは京都市内中心部だと思います。皆様、聞いてくださいね。

11月26日LGFM live at竹の音

1126.jpg滋賀県は甲賀の「竹の音」でのライブでした。
当初対バン予定のピアノ弾き語りの白波瀬さんが病気のため欠席、残念、一度対バンしたかったのに。というところでローディーとして参加していた栗本氏が急遽ピンチヒッター。はじめて使うマーチンのミニギター?でライブ。前日に続きすばらしいステージ。ウケてるじゃん!
2番目のRag-lagはジャジーなサウンドを基調としたオリジナルの数々。みんな上手いしよくまとまってます。ステージングもなかなかのもの。
3番手の我々、本日は河原田氏とのデュオ。リハでカワさんの機器の不調で四苦八苦(あんなにいっぱいエフェクター類使うから~。)でしたが、本番はスムーズに。でも新しい曲はまだ僕も慣れてないな~。自信作なのでもっと練習いたします。お客さんも暖かく僕のしょーもなさそうなMCでもウケてくれました。
11262.jpgライブ終了後は八日市の太子ホールへ。夜からのコンサートでオイワ氏のARMが出るということで(ホントは可愛い詩菜ちゃんを見に行くのがメインの目的だったんだけど~ウソウソ。)先週から予定していました。
ちゃんと照明もあり雰囲気もありいいホールでした。(ライブもよかったよ~。)
ここは来年3月に僕らも出る予定なのでその意味でも大変参考になりました。
1.小さな島の大きなアメリカ
2.ふわり
3.モノクロームの日々
4.夢のかけら
5.夕暮れの丘
6.望みのままに
7.MY HOME TOWN

11月25日新實幸太朗/栗本英明

1125.jpg2回目の登場、新實氏。前回は前もって彼のバンドサウンドのCDを聴いていた先入観があったせいかアヴァンギャルドな面にばかり目がいっていたのですが、こうして聴くとかなりポップです。2回目でありながら僕がメロディーを口ずさめる曲もありました。唄の上手さはさることながらダイナミクスの広さが武器になっています。SLOWHANDでは来年も推していきたいミュージシャンの一人です。
おなじみ栗本氏。いい意味で落ち着いたライブでした。それにしてもいつも思うのですが決してオンタイムではないけどリズムが安定している。リズムが曲を支配しているのでなく、曲が、彼自身がリズムを支配している。ベーシストとしての要素が本当にうまくかみあっています。僕にとってもいつも参考になってます。

11月23日レトロぱんだ/かるあ/義田秀司

1123.jpgレトロぱんだ氏は2回目の登場。素敵な声で素敵な歌を唄います。楽曲もキャッチーでありながら高レベル。ボサノヴァのカヴァーは特に秀逸!若いのにすべてにおいてレベルが高いです。ひょっとしてこの人、3年後くらいにはかなりのところに行っているかもしれません。
かるあ嬢、今回もウクレレ弾き語り。確実に安定感が増しています。もともとウクレレでの弾き語りは癒し系的な印象があったのですが、最近は母のような包み込む暖かさを感じてしまいます。僕も最後はピアノで参加、楽しかったです。
おなじみ義田氏。あたたかいお客さんが多かったのかMC、今回はスベることなく大ウケ。こういうときの彼は調子にのるタイプなので当然すばらしい音を奏でていました。今回は特にボーカルが良かったです。気張らずにさらっと流すことでも言葉が響いてきました。
終了後は朝まで飲み続けてしまいました。最後のほうはあまり覚えてません。大丈夫かな~?

11月19日TERA/OIWA/HOBOけいすけ

1120.jpgギターインストのTERA氏、今回は新しいギターを使用。前のギターよりやや落ち着いた音がします。人によって好き嫌いはあるでしょうが、僕はこちらのほうが好きかな。繊細な指使いがよく伝わってきます。3月までライブはお休みということですが、3月になったら真っ先にスローハンドでやってもらう予定です。(勝手に言ってますが。)
OIWA氏は久しぶり。のっけからお客さんの大合唱。本当に暖かい雰囲気が会場に漂います。唄も素晴らしいけれど、彼のギタープレイの適度な間がキャリアを感じさせます。「グレーライフ」「アトム~」はHOBOけいすけ氏がブルースハープで参加。よりブルージーな色合いがGOOD!でした。
名古屋のHOBOけいすけ氏、まっすぐな歌声が魅力です。風貌は過激っぽい(失礼!)ですが誠実さの伝わる歌詞とメロディーです。先日名古屋で聴いたときの堂々とした立ち振る舞いは京都でもそうでした。ひょっとして彼は新しい境地に入ったのかもしれません。僕の曲、「虹」をカヴァーしてくれました。ありがと~。でも俺より上手く唄うなよ~。
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ