2006年10月

10月28日リトルグレープフルーツムーンatSLOWHAND

今回は河原田氏とのデュオ。久しぶりかな?二人での練習もいつもよりかなり出来ました。それにお店が最近ヒマなので個人練習も。やっぱり練習すると指がよく動くな~。カワさんとのアンサンブルもいい感じで合ってました。後ろ向きな新曲のバラードも初披露。キーがA♭なのはGでは唄が低すぎるしAではサビで高すぎるから。楽譜にすれば♭が5つ付いてることになります。昔ビビりながら発表会で「子犬のワルツ」を弾いた時のことを思いだしました。でもいい曲だと思います。これからもっとこなしていくとむしろ弾きやすいキーかもしれません。
ただ僕らのお客さんが少なかったので大阪からわざわざ来られた対バンの谷輪氏は申し訳なく思っております。もっとがんばって集客しなければ・・・。
1.小さな島の大きなアメリカ
2.ふわり
3.夢のかけら(新曲)
4.モノクロームの日々
5.イノセンス
6.夕暮れの丘
7.望みのままに

10月28日リトルグレープフルーツムーン/谷輪雅泰/栗本英明

1028.jpg2回目の出演、谷輪氏は大阪の弾き語り。いい声です。ギターのサウンドもかなり研究しています。スマートなサウンドは本当に安心して聴いてられます。前回に比べてフォークっぽい印象があったのは前回と曲目が違ったせいでしょうか?
栗本氏、声が出ていました。ギタープレイ、唄も迫力充分。彼の今年のベストライブではないでしょうか。それにしてもいい曲つくりますね。最後に僕の好きな「ワンツースリー」やってくれて個人的にもうれしかったです。
僕のLGFMは別項にてUPします。

10月22日KEN/フジタスミト&ばんただあき/CHAO

1022.jpgKEN氏は飛び入りではおなじみですがライブでは初登場。あらためて思いましたがいい声してるなぁ~。唄も上手い。長く飛び入りに参加して彼が得たものがこのライブに集約されていました。やっぱり継続は力です。
スミトばんはもうおなじみ。聴いていてとても安定感があります。本当にバンドです。阿吽の呼吸が見事に再現されていました。最後はお客さんもノリノリだ~。
CHAO嬢、今回は唄が光っていました。課題と思っていたギター弾き語りでの唄もかなり表情が豊か。おそらく彼女が今までスローハンドでやった中のベストライブでしょう。
今回、お客さんはほとんど満員の状態でした。やっぱり聴いてくれる人が大勢のほうがやってるほうも張り切るよな~。素敵な一夜でした。

10月21日三上和彦/タさきフみえ/木村三郎

1021.jpg三上氏は大阪のミュージシャン、京都は初ライブだそうです。比較的ハイトーンの歌声ははっきりと歌詞が聴き取れる。これは本当に大事です。素直なメロディーラインが時に輝きを増す時がとても新鮮な瞬間でした。これからも京都でじゃんじゃん活動してください。
フみえ嬢ハリのある声とギター。本当に気持ちがいい。そしてそのプレイ(唄もギターも)にブレがないのが素晴らしい。自分が十二分に出来ることを十分に表現する。これが安心して聴けるライブをする秘訣かもしれません。
木村三郎氏、今回はギターの音が素晴らしかった。チューニングを元に戻したのが功を奏したのか?(実は当店PAも先週少しばかりメンテしました。)選曲は比較的普段やらない曲が多かったのですが、僕にとってはいつもと少し違う「木村三郎B」が見れてうれしかったです。

リトルグレープフルーツムーン、ライブのお知らせ

sano2006.jpgLGFM、今秋のライブ、京都ではこれ1本!
あと名古屋と滋賀ですっ。
よろしくお願いいたします。
日時:10月28日(土)19:30~
場所:スローハンド
中京区烏丸丸太町東南角
出演:リトルグレープフルーツムーン(P:佐野邦夫+G:河原田充)
対バンは栗本英明、谷輪雅泰(大阪)
kawa2006.jpgチャージ¥1000
後ろ向きな新曲出来ました。秋から冬にかけてはちょうどいいかも。
出番は多分、最初です。早めにお越しくださいませませ。(違ったらゴメンなさい。)
皆様、ぜひともお越しください。
PS、画像、水彩画風に加工しました。イケてるかな?
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ