2006年08月

もう明後日だ~。

toven33.jpg湯川トーベンライブ、もう今度の木曜日。
楽しみです。スゴくいいぞ!プロフィールはココです。
前座はリトルグレープフルーツムーン。イメージトレーニングはバッチリ(れ練習は!?)。
場所はスローハンド。19時30分から。チャージ¥2000(ドリンク別)です。
それでは皆様、木曜日にお会いしましょう!

8月19、20日木村三郎ワンマンショー

kimurashow2.jpgスローハンド、マンスリーライブでおなじみの木村三郎氏の単独2DAYSライブ。
第一部は一人芝居「当世場末師匠伝」、第二部は「歌謡ショー~木村三郎おおいに唄う」といった内容でした。
思えばずいぶん前に僕が酔っ払ってか「一度、舟木一夫とか橋幸夫が南座でやってるような芝居と歌の二本立てのライブしてみたら~?」と無責任に彼に言ったことがありました。チケットは両日とも売り切れ。木村氏は芸にうるさい人なのであれこれと大変なことになるな~と思っていた前日、ぼくはプレッシャーのあまり「群発性頭痛」の再発となりました(当日はおさまりましたが)。あぁ~そんな無責任なこと言わなければよかった。
初日は午後1時よりリハーサル。木村氏の照明、音響の細かい指示は想定の範囲内でしたが、タイミングを逃したり機器の操作ミスで芝居がだいなしになるというプレッシャーからかなりの緊張。自分のライブでもここまでのことはないのに~。
kimurashow.jpg芝居は1時間、綿密に推敲された台本をもとに場面ごとに何役もこなすという高度なものでした。内容は木村三郎の名前の由来を通して彼の場末の芸についてのメッセージがこめられていました。素晴らしい!お客さんも魅せられながら彼のメッセージも熱く受け止めていました。
第二部はマンスリーでおなじみのライブショー。第一部であれだけしゃべったのにすばらしい歌唱。ギターの音、タイム感もバツグン。お客さんも木村フリークばかりなので楽しみ方をわかっているので当然盛り上がります。
すばらしいライブでした。
これが一日でなく二日連続です。彼の恐ろしい底力を見た思いの二日間でした。

8月13日SACRED SPIRAL

0888.jpg大阪の歌姫、AZ嬢のバンド、今回はアコギ2本というシンプルな編成。前回はバンドサウンド主体であったことを考えるとバリエーションが豊富です。彼女のパワーがありながらもハートフルなボーカル。純粋に本当に歌を愛している心が伝わってきます。それでも幾分セーブしながら唄ったことはこの編成にはバッチリですね。サポートギターも彼女の唄を前面に押し出すことに徹して好感の持てるプレイでした。

8月12日ムックタカミツ/アコギのミカ/TERA

dcf_0149.jpgこの日はすべてインスト。ハイセンスなスローハンドでした。
初登場のタカミツ氏はブルージーなインストを披露。テクニックもさることながらグルーブ感が非常にいい。カズーを吹いての曲もいい感じ。多分この人は歌も唄えるだろうな~。今後も楽しみです。
2番目はミカ嬢、この人も初登場です。一発目にタッピングを使った曲でお客さんを持っていきました。丁寧なフィンガリング、オープンチューニングを見事に使いこなしている。歌2曲もかわいかったです。
最後のTERA氏、インスト2人のあととあってか幾分緊張気味?それでもいつもの丁寧なフレーズの息遣いは健在。音も新兵器導入でまろやかに上質です。僕の曲のカヴァーをやってくれるのはありがたいのですが、そんなに宣伝までしなくていいよ。

スローハンド、スペシャルライブ「湯川トーベン」のご案内!

yukawa.jpg来る8月24日(木)19:30より湯川トーベンライブを行います。普段、土日にしかライブをしないスローハンドがなぜ平日に?それはトーベン氏が素晴らしいミュージシャンだからです。
元、こどもバンド、現エンケンバンドのベーシスト、ソロの弾き語りのパフォーマンスも定評があり、ソロ名義では2枚のアルバムを好評発売中。僕も大好きで愛聴盤にしています。ぜひ皆さんに聴いていただきたい!前回のスローハンドのライブも数多くのお客さんの心をとらえていました。
前座にリトルグレープフルーツムーン(Vo&P:佐野邦夫+B:長谷川晃)です。
チャージは¥2000(ドリンク別)(安っ!)
皆様、絶対、絶対、来てくださ~い!
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ