2006年06月

6月25日リトルグレープフルーツムーン~佐野邦夫(Vo&P)井川ファンシー由美子(アコーディオン)船戸博史(Wベース)atSLOWHAND

gfm0625.jpg今回は知り合いのライブがいくつか重なっていたので集客にかなり心配していました。しかし、結果的に多数のお客さんに来ていただいてほっとしています。本当にありがとうございました。
Wベース船戸氏との共演はひさしぶり。リハーサルは1回だけでしたが、曲ごとの特徴を瞬時に把握してそのよさを引き出してくれます。「望みのままに」のエンディングの最弱音の弓弾きでは僕も寄り添うようにピアノを弾いてしまいました。ファンシー嬢も長年の付き合いからでしょうか、僕の呼吸にピッタリとついてきてくれます。ボーカルも自分なりに上手くコントロール出来て満足しています。ただ一つ、選曲的にまったりした感じは否めなかったかなというのが反省点です。
僕的には今年のベストライブの一つではなかったかなと思っております。
アフターライブは船戸氏の「おばさんキャラ」が炸裂!僕も皆さんもタジタジでした。朝5時半までつきあっていただいた方々、お疲れ様でした。
1.虹
2.HOW LONG
3.マイベストプレイス
4.素直な心で
5.途方に暮れて
6.望みのままに
7.MY HOME TOWN
アンコール~ハスキーウィスパー
(写真は後日upします。) 

6月25日CHAO/リトルグレープフルーツムーン

dscf1986.jpgCHAO嬢はギター弾き語りをメインにしたライブ。バンドボーカルである彼女が一人でライブしたいという意気込みが伝わってきました。苦手なギターを弾きながらでも前回より格段にボーカルに安定感があります。キャッチーでハートフルな楽曲の中のハートが伝わってきました。最後2曲のピアノでの弾き語りはもっと秀逸。シンプルなピアノプレイにボーカルがのびのびとしてライブの締めにはふさわしい演奏でした。
リトルグレープフルーツムーンは別項でUPします。

6月24日AKIRA/おくださとこwith長谷川晃

素敵なライブでした!
初登場のAKIRAは女性Vo&G,Pと男性Pecの組み合わせ。なんといってもパワフル!唄いこまれたVoは迫力、テクニック充分。楽曲もキャッチーでGOOD!16の鋭いリズムギターにダイナミックなカホンを中心としたPecがからみ、ボーカル、あきよ嬢のステージングに誰もがノリノリでした。
二番手、さとこ嬢もいつもよりパワフル!しかも安定感抜群!キーボードの音色の選び方もセンスがあり曲の特徴をよく引き出していました。そしてバリエーションの多い彼女の曲にテクニックのデパート?ハッセーのベースはうってつけ。サポートボーカル&コーラスも良かった!
(携帯がライブ中紛失していたため写真妬とれず。残念!)

今度の日曜日は~

2006gfm531_1.jpgいよいよ6月25日日曜日はリトルグレープフルーツムーンのライブです。アコーディオンの井川ファンシー由美子嬢に加えて今回はウッドベースの船戸博史氏を迎えてのライブ。久しぶりだなあ~。2年前に一度やったかな~?この組み合わせで1stCDのレコーディングも何曲かしました。
対バンは木屋町の歌姫?CHAO嬢。この組み合わせを聞いて、アフターライブのほうが面白そうという人もいますが、打ち上げだけ参加するなんて言わないでくださいね。
場所はスローハンド、19:30から、チャージは¥1000ポッキリです。
皆様こぞってお越しください!かなりやる気でいます!あっ打ち上げじゃなくてライブのほうを。

6月18日義田秀司/佐野直之/中村ゆきまさ

最近、精力的に活動を行う義田氏。選曲いつもと違うなと思ったのは僕だけでしょうか?かなり昔のなつかしい曲もありました。彼とはいちばん無縁だと思っていた丁寧さが出て来てよりクォリティーが高くなっています。こういう姿勢はアリだと思ってます。
敦賀から来た佐野氏、同姓なので親近感もありました。ゆったりとしたテンポで広がりのあるコード、その上にのせられた唄はエキセントリックになることなくみんなを包み込む雰囲気でした。とくに中音域の声がGOOD!
中村氏、マイク録りのギブソンですが、かなりの音圧。パワフルで切れ味のあるプレイは誰をも唸らせるものがありました。風貌に似合わず(失礼!)暖かいその歌がますます心の深い部分の琴線を打ち鳴らしてくれます。
写真、今回も撮るの忘れました。最近ボーッとすることが多くて・・。どうもすみません。
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ