2006年04月

京都コンサートホール行ったゾ。

syn1.jpg京都市交響楽団の企画でブラームスの交響曲全4曲を1回でするコンサートに行ってきました。1曲40分換算で×4、休憩と対談こみでおよそ5時間半の長丁場でした。
京都コンサートホールは実は僕ははじめて。かなり音がいいですね。京都会館では管楽器が妙に目立ってバランスの悪い音響でしたが、ほどよい残syn2.jpg響と楽器の混じり具合、とてもいい感じでした。
後半は下の写真のようにオケを後ろから見るポジションで聴いたのですがこれはどうかな~?迫力、音圧はありましたがちょっと聴きづらい印象を受けました。上の写真の席ではオケが一発デカい音を出すと低音部から耳に届く(それとも指揮者が意識的にしてるのか?)感じでサウンドが落ち着いているのですが、下の写真ではそれがゴチャゴチャになる感じがあります。正統的な聴き方をするならオケの前で、迫力を楽しみスタッフになったような気分をあじわうなら後ろか横の席でしょうか?
京都コンサートホールといえば、まだ工事している頃、ドイツから来たオルガンのエンジニア、シューマッハとウリというおっちゃんが毎週スローハンドに来てくれていました。1年くらいしてドイツに帰る時に、記念にパイプオルガンのパイプをもらいました。ホールのパオプオルガンを見てそんなことも感慨深く思いだしました。またいつか再会したいものです。
写真ですがどちらも休憩中に撮りました。本番中はだめですよ。良い子の皆さんよろしくね。

リトルグレープフルーツムーンライブのお知らせ

lgfm06.jpg4月15日(土)19:30~よりスローハンドにてLGFMライブです。今回はアコーディオンの井川ファンシー由美子嬢とのデュオです。3枚目CD予定の曲を中心に久しぶりの曲もやるつもりでいます。(まだ作るか・・・。)
対バンは木村三郎、名古屋からHOBOけいすけです。今のところ我々は1番目に出演してすぐに飲みに入る予定です。お早めにお越しください。
チャージ¥1000です。

4月2日飛び入りライブSHOW

06402.jpg今回は10組、ニューフェイスもご参加いただきました。司会はスローハンドのホープ!?丹治雄樹氏。力ない「はりきってまいりましょ~!」で始まったライブは今回もバラエティーに富んでいました。2回目の参加の今井さん?の60年代ポップスに飛び入りライブSHOWの新しい可能性を見たしだいであります。そして締めは司会の丹治氏。「ほらほらウワッツラの~世界にカンパ~イ」は一同で大合唱。めでたく終了いたしました。
ところで来月5月より、飛び入りライブSHOWの時間が変更となります。来月から1時間前倒しの
エントリー18~19時、ライブスタート19時となります!早くなった分、余裕を持って帰ることも出来るし、ライブ終了後のセッションもやりやすくなります!
皆様、よろしくお願いいたします!
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ