2006年04月

4月22日太田安彦/おくださとこ/栗本英明

06422.jpg初登場、アルカリムッシュの太田氏。甘い、しかしよく通る声で唄うメロディーはかなりキャッチーです。何より素晴らしいのははっきりと歌詞がわかることです。オールマイティーな世代にファンが広がりそうな雰囲気を持っています。
さとこ嬢は見るたびに進化しています。ボーカルの安定感が増していました。今回はピアノの音色をメインに使用していましたがシンセ特有の単調な音色をカバーするほどの唄の魅力を見せつけられました。
最初は心なしか緊張気味?のおなじみ栗本氏は僕にとっては名曲のオンパレード。最近「十人十色」が僕はお気に入り。一度カヴァーしてみようかな?

たんぽぽ咲いてるゾ~。

tan1.jpgスローハンドの入り口、コンクリートの隙間にたんぽぽ発見。「ど根性タンポポ」と名づけます。
tan23.jpg

4月15日リトルグレープフルーツムーンLive at SLOWHAND

063011.jpg今回は井川ファンシー嬢とのデュオ。ファンシー嬢は次の日もスローハンドでライブがあるために(言い訳?)お客さんはかなり少ない。それでもメゲずにがんばりました。
今回は日頃やる機会が少ない曲が中心のメニューでした。PAバランスにいつものように不安を残しながら(上手な散髪屋さんが自分で髪の毛を切れないもどかしさと一緒?)はじめましたが、曲をはじめると同時にかなり集中することが出来ました。ファンシー嬢の珠玉のフレーズも耳にビンビン入ってきます。今日はかなりデキがいい?今回のメイン曲はCDにも入っている「一人の夜に」。4月はこの曲の主人公を思い出す月です。この曲も本当に歌詞を追体験しながら唄ってしまいました。が、しかし!!最後の曲は緊張の糸が切れて自分ではダメでしたね~。反省が残ってしまいました。
そんなことも含めていろいろ考えるライブでありました。最近はライブも店もお客さんが少ないのは根本的にやり手側が問題で魅力が足りないからなんだろうけれど、そういった問題がクリアするかクラッシュするか、それはこれからの頑張りしだいなんでしょう。
1.ハスキーウィスパー
2.マイベストプレイス
3.ふわり
4.見果てぬ夢と戻らぬ思い出
5.イノセンス
6.一人の夜に
7.タイトルなし

4月16日せみくじら/あらいなおこ+井川ファンシー由美子

semi.jpg久しぶりのせみくじら嬢。今回は自前のキーボードでの弾き語りからのはじまり。手馴れた楽器のせいか余裕があります。声もよく通ってます。アンダーグラウンドのジャンルに入るのかもしれませんが、独特のポップさもあり見ていて本当に楽しいです。「ノート屋さん」と「セブンスター」と「みどりの女」はもうおぼえました。
なおこ&ファンシー嬢のデュオは意外にもはじめてとのこと。それでも果敢に難曲に挑戦していました。多分まだ生まれたばかりの二人の世界でしょう。それでも経験と実力に裏打ちされた説得力がありました、今後も楽しみです!

4月15日HOBOけいすけ/木村三郎/リトルグレープフルーツムーン

kei.jpg最近はスローハンドでもおなじみのHOBOけいすけ氏。この人は声がいい。特にスローな曲では思わず聴き入ってしまいます。その歌にはあざとさがなくとても好感が持てます。これからも楽しみなミュージシャンです。
木村三郎氏。今回は場末のバーと化したスローハンドでの演奏。少しやりにくかったでしょうか?それでもパワーはすごい!ギターサウンドを少し変えたのは大正解です。クリアーさと迫力さが共存する音になっていました。
リトルグレープフルーツムーンは別項でレポートします。
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ