2005年11月

11月13日けいすけ(名古屋)/義田秀司/やなぎ(岩手)/りんどう(和歌山)

05-11-13_20-32.jpg今回はどういうわけか各地方から弾き語りミュージシャンが集い、さながら「全国弾き語りサミットIN京都」といった感じでした。
名古屋のけいすけ氏は二回目の登場、唄の語り口が丁寧でとても好感が持てるステージでした。見かけによらず(失礼!)ポップでさわやかな歌声は僕の好きなタイプでした。
地元の義田氏、今回はかなり唄に力が入って彼のやる気がこちらにも伝わってきました。彼の良さがよく出たライブでGOOD!でした。
岩手のやなぎ氏は今回も渋くキメてくれました。ブルースとフォークを基調に彼の音楽が広がって行きます。最後のロックンロール?はうれしい期待の裏切りでした。
りんどう氏は今回も安定したライブ。もはや詩人の域に達した彼独特の歌詞の表現が耳に残ります。

ブッシュが来てるらしいな・・・。

05-11-13_18-56.jpgおかげでここ三日間はスローハンド周辺は厳戒態勢。日曜日に出演したミュージシャンは店に来るまでに2回職務質問されギターケースを開けさせられたらしい。今頃、小泉氏と御所の迎賓館にいるらしいが、夜はどうするのだろう?一度スローハンドに来て欲しいものである。
ジャクソンブラウンの「WORLD IN MORTION」とランディーニューマンの「POLITICAL SCIENCE]をかけながら、最近NOVAのCMで使える慣用句を憶えたのでそれを彼に言ってみたい。
「Give me a space!(かんべんしてよ~。)」

11月6日スローハンド飛び入りライブSHOW

05-11-06_20-02.jpg今回は12組、しかもニューフェイスがその半分を占めているということでかなり新鮮でした。それぞれレベルも高くそのまま来月ライブして!という人もいらっしゃいました。司会も入りイベントとして見ても面白かったのではないでしょうか?欲をいえばもっとギャラリーの人達も来て欲しいものです。最後は飛び入りの常連、丹治氏が酔っぱらいの赤ら顔での演奏で素敵なオチもつきました。

11月5日SEX/かまたひろゆき/山海ひでひろwith井川ファンシー由美子

05-11-05_21-24.jpgこの日は山海氏の企画ライブ。
SEXは長野、東京、福岡とまったく別の地域から集まった三人組。なぜか懐かしいサウンドでした。ポイントを押さえたしっかりした演奏にシャウトのはまるボーカルが絡んで熱いライブでした。アフターライブも熱くてGOODでした。
かまた氏も初登場。文句なしに素晴らしい!唄、ギター、楽曲が一体となって僕の思うギター弾き語りの理想に近いものをやってくれました。弾き語りを志す人達はこういうライブを見るべきです。
山海氏はアコーディオンのファンシー嬢とのライブ。とつとつとした唄に繊細なギター、アコーディオンが絡んで素朴ではありますが幻想的なサウンドになっていました。ファンシー嬢もLGFMでやるときよりよく考えていて僕は嫉妬の念にかられました。

10月30日CHAO/きよふみ/栗本英明

05-10-30_20-37%7E00.jpgCHAO嬢のソロでのライブは初めて。前半ギター、後半ピアノと楽器を変えての弾き語り。基本的に唄が上手く魅力的なので当然ながらいいライブです。曲もバラエティーがあり、リアリティーを感じる(個人的にか?)ものもあり説得力がありました。
きよふみ氏は安定したステージング、毎回ながら声が魅力的です。今回はボサノヴァ調の曲が新鮮でした。でも最後のバラードが彼の良さを押し出している代表曲でしょうか?
栗本氏、今回は少し押さえ気味のステージング、音量的にもいつもより控えめでしたが、かえって丁寧さが感じられ、音を自由に操っている楽しさが伝わってきました。アンコールのピアノ弾き語りは曲の力強さを逆に醸し出してGOOD!
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ