2005年10月

10月22日たんこ

05-10-22_20-54.jpg久々登場の香川県のたんこ氏。前半は弾き語り、後半はギターとベースのサポートの二部構成。一見、荒削りなサウンドはよく聴くとかなり安定感のあることに気がつきます。かなりのライブの数をこなしているのでしょう。後半のサポートのギターとベースは限りなくバンドに近いものでした。息がピッタリです。MCも楽しく自然とアンコールの声があがったのもうなずけます。

パリーグのプレーオフを見てQUEENの広告が・・・。

05-10-17_21-22.jpgプレーオフの最終戦、スローハンドはいつものようにヒマなので臨場感あふれる音声付でTVで見ていました。バックネット、キャッチャーの後ろの広告にQUEENの来日公演の広告を発見!球場の中で一番高額な場所での広告なので、プロモーターがかなり力を入れているか、客入りが悪いかどちらかでしょうね。
しばらくしてGFMギタリストのコウイチ氏がご来店。なんと再結成のQUEENのライブCDを持参ではないですか。今日はQUEENデーか?
再結成のQUEENはかなりイケてます。ポールロジャースが何よりスゴイ!フレディーよりも自然でバンドと融合しています。サウンドも良い意味でオーソドックスで、なんか「ロックの王道!」という感じです。僕も来日公演に行きたくなりました。

10月15日佐渡島漫象+ゴロー/丹治雄樹/木村三郎

05-10-15_20-22.jpg初登場、漫象氏は唄がうまく説得力がありました。これだけ唄えればあとは何とかなるものです。今後も僕は期待しています。ギターのゴロー氏もタイミングをはかりながらの好サポートでした。
丹治氏は濃いキャラの二人に挟まれて大変だったと思いますが、サラリと流した感じのアッサリしたライブという印象でした(対バンが濃いので当たり前か)。唄とギターのバランスが良くとても気持ちのいい空間を作ってくれました。
マンスリーの木村氏、スローハンドのトイレのペーパーホルダーを破壊した衝撃の事実から始まったライブは、快調なグルーブ感と終末にかけての盛り上がりが「これぞ木村三郎!」という彼の魅力満載のステージをを作り出していました。

10月9日こえびのしっぽ/TERA/立入かつひろ

05-10-09_20-17%7E00.jpg初登場、こえびのしっぽ嬢、中音域が素敵な女性、ギター弾き語りです。とてもオーソドックスな曲があるかと思えばかなり複雑なコード進行とメロディーもありました。ギターもむずかしいことにトライしていました。ひとりでも唄いたいという気持ちがお客さんにも伝わって大変良いライブでした。
ギターインストのTERA氏、ギターの音色もさることながらフィンガリングの感覚が素晴らしい!唄うように感情が出ていました。MCもウケていました。
立入氏は久しぶり?とにかく楽しい!唄もギターも上手いのでそんなことより歌の雰囲気とMCで楽しめました。本当のライブパフォーマーでした。その中で「僕の街」という曲はかなり心にきました。

10月8日やま/稲富英樹

05-10-08_20-34.jpgいつもニコニコした表情のやま氏のライブは、やはり想像とおり楽しい雰囲気に満ち溢れておりました。ブルースハープもセンス良く使い、尻上がりに熱くなるライブでした。
稲富氏、今回も熱い演奏でした。結構突き放し感のある音楽であるのに、はにかみながらのMCは誠実な人柄が出ていてGOOD!
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ