2005年09月

9月25日Shiba in Car/矢本健士/栗本英明

05-09-25_20-28%7E00_1.jpg初登場のShiba in Carは男女の二人組。リハーサルでは「おっ、スザンヌ ヴェガみたい!」というのが僕の印象でした。本番でもとても雰囲気があり英語の歌も違和感なく聞こえました。そして丁寧な音楽へのアプローチがとても僕好みでもありました。
矢本健士氏、肩の力を抜いた演奏が独特のユーモアセンスを持った歌詞にマッチしてとてもいいライブでした。現代版ランディー ニューマンの誕生か?
栗本英明氏、もう彼のスタイルは確立し、「いいものはいい!」に決まってます。ライブ終了後、本人からコメントを求められたのでそう答えました。僕の不幸は彼のライブがほぼ1、二ヶ月ごとに見れることです。はじめて見た人は圧倒されるに違いないでしょう。

9月24日THE ROVER/義田秀司/Silver than Gold

05-09-24_22-38.jpg1番目のTHE ROVER、今回もZEPのナンバーを数々披露。そしてあの有名な名曲「天国への階段」を初めて聴かせてくれました。カヴァーの多いメニューでありながらライブが成立しているのはとても素晴らしいことです。
義田秀司氏の今回のライブ、言葉がはっきり聞こえてきました。彼のライブはこうでなければいけません。大人になりきれない少年の葛藤を見事に歌い上げていました。
Silver than Gold、ヒロエ嬢のボーカルは安定感があります。ジャジーなオリジナル曲もセンスが良くとても気持ちいい。バッキングの3人も音をよく知っていてとてもGOODでした。

9月18日スローハンド12周年ライブパーティー

party1.jpg恒例のスローハンドの周年パーティー、今回は午後8時にオープンしたが、いつものようにお客さんの出足は遅い。10時頃にようやくライブ開始。そして徐々に盛り上がり午前2時頃にピークに達しました。スローハンドは夜遅いほうがスローハンドらしいのでしょうか?毎年少しづつメンバーは変わりますが、いつもの独特の雰囲気がありparty2.jpgます。結局パーティーの終了は朝の8時。個人的には丹治氏が僕の「望のままに」をカヴァーしてくれてみんなが唄ってくれた時はちょっと感動しました(泣きませんでしたが)。
皆様お疲れさまでした。そして参加して盛り上げていただいてありがとうございました。

party3.jpg

9月17日せみくじら/中村ゆきまさ/木村三郎

05-09-17_20-18.jpg今回は三組,それぞれスタイルは違えどハイレベルなライブでした。
スローハンド初登場のせみくじら嬢はカリンバ、ボンゴなど鳴り物をバックに唄いはじめると、もうそこには彼女の世界が広がっていました。一見、アングラ的なライブ手法ですが、かなり洗練された音楽だと思います。
中村ゆきまさ氏はパーカッションとの共演。スピード感のあるライブでした。三組の中で一番の正統派であるが故に個人的に最もきびしい眼で見てしまうのですが、充分にそれをクリアしたクォリティーの高いステージでした。
木村三郎氏、今回は熱いステージでした。彼を知らないお客さんが多かったのですが、やはり今回も皆を木村ワールドに引き入れていました。
今回のライブ¥1000は安すぎました。

9月10日CALUA/おくださとこ

05-09-10_21-17.jpg前回ゴキゲンなドラムを叩いてくれたCALUA嬢、今回は八嶋コージ氏のボンゴとの共演でした。リズムが明確になるからでしょうか、とてものびのびと唄っていました。
おくださとこ嬢も堂々としたステージ、安心して見てられます。最近はキャリアを感じてきました。
両者ともMCが自然体で楽しく、ライブ全体としてもハナマルでした。
写真は出演者が全員写っているのでこれを採用!
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ