2005年03月

3月13日CALUA/義田秀司/COOPEE

05-03-13_22-12.jpgひさしぶり?のCALUA嬢、今回はギターでの弾き語り。すがすがしく力強い歌声がばっちりきまっていました。唄う表情がいい感じでした。
こちらも久しぶり義田氏、ちょっと酔っ払いぎみの彼のライブはは僕にとって個人的になつかしい曲もありいつもとは違ったノリを感じました。
COOPEEはCALUA嬢がドラムを叩くスリーピースのロックンロールバンド。パワフルな演奏でした。みんな唄もしっかりしていました。ファンキーな曲調がゴキゲンな感じです。

3月6日スローハンド飛び入りライブSHOW

05-03-06_21-10.jpg今回もニューフェイスがいらっしゃいました。わざわざ大阪からです。ありがとうございました。この企画、去年からやっていますが、継続して出演されている方を見ていると、確実に進歩しているように思います。最近、この企画は続けて行く価値があるなと思っております。
より多くの参加者が増えることを期待しています!

2月27日古橋一晃&吉富はるか/セサ女バ

05-02-27_22-02%7E00%7E00%7E00.jpgスローハンド初登場ギターの古橋氏とヴァイオリンのはるか嬢のデュオ。カントリーからステファングラッペリ&ジャンゴラインハルトまで高度な音楽性で楽しませていただきました。スローハンドに新しい風が吹いた瞬間でありました。
セサ女バは今回少しばかりマニアックな選曲?アンサンブルは前にも増して息があっていました。さいごは両バンド合同でのアンコール、5人楽器がすべて違うという意外な珍しさ、レベルの高いミュージシャンばかりということもあり圧巻でした。

2月26日稲冨英樹&木村博司/まんにゃわー素/フジタスミト

05-02-26_22-30%7E00.jpg初登場、稲冨氏はいい声をしていました。歌に対する姿勢に好感が持てました。これから楽しみなミュージシャンです。サポートギターの木村氏も出過ぎないアプローチにキャリアを感じました。
マンニャワーズ、三井氏と宅間氏のユニットはスローハンド初登場。かなりの高度な音楽レベルとお笑いレベル、すばらしすぎます。見過ごされがちですが歌詞もかなり熱いものがありました。次回のスロー単独ライブが楽しみです。
フジタスミト氏のソロ、この人もいつもお客さんを湧かせてくれます。今回はまんにゃわー素との競演で力がこもっていました。「ひだまり」はいい曲です。

2月19日やなぎ/広瀬量志郎/木村三郎

05-02-19_20-06%7E00.jpg岩手県からのミュージシャンやなぎ氏が急遽参加。個性あふれる唄声を聴かせてくれました。ツアー経験豊富な彼のステージはどこの土地でも受け入れられる気があいます。
広瀬氏は2回目の登場。淡泊な唄いぶりは彼の特徴です。しゃれた素敵なメロディーに心が癒されました。
マンスリーの木村氏。今夜も絶好調?はじめて見るお客さんをも引き込んでいました。スローハンドでの約一年間、芸が完成されつつあります。
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ